0円タクシー乗車録

  • LINEで送る

突然ですが皆さんはタクシーをどのくらい使いますか?
正直自分はほとんど使いません。数年に一度レベル。というのも初乗りで410円とそこそこ高いうえ都内の移動であればほぼ鉄道で用が済みます。

さて、そんなんでなかなか縁がなかったタクシーですが先日12/6。都内某所を歩いていたら見慣れない車が…。でっかい耳をつけて何々?「どん兵衛」??
初めは単に何かの宣伝かと思ってたんですが詳細を知ったのは夕方。ねとらぼの記事にまさに夕方みたこの謎の車について書いてあったではありませんか!しかも0円タクシーというまたまた気になるワードが。これは乗るしかない!そう思って今回機会があったので使ってみました。

まず必要となるのはスマホ。そして「MOV」というアプリです(別に自分は回し者ではありません)。
どうやらこのアプリ先日に名称変更したようでサービス自体はちょっと前からあるようです。配車方法はいたってシンプル。詳しくはアプリを使ってみてください(スクショは取り忘れたのでパスです。すみません。)

①乗りたい場所にピンを置く

②事業者等を選ぶ

③配車する

※ただし呼べる場所は限られているので注意(渋谷、中央、千代田、新宿、港区内のみ)

問題は①。都内50台走っているとはいえなかなか捕まえられない。しかも見つけたとしても配車可能範囲ではないと配車できずなかなか難しい。そんなわけで結構苦戦していました。しかし運のいいことにちょっと遠いところに配車可能なタクシーを発見。若干配車位置まで遠いですが急いで配車予約をしました。場所は御茶ノ水駅聖橋口。到着まで6分ほどしかなかったので結構急ぎました。そして…

到着

着いてから気づきましたがちょっと場所が悪かった…周りはタクシーが止まってるし柵もあるような道路。けれど気にしない。気にしない。
提灯?は強風のためか取り外していました。

車内はこんな感じ

車内の画像

カバーがド派手という以外は普通のタクシー。車内はどん兵衛のCMも流れます。ちなみに運転手さんはタイアップということもあり腕のある人を起用しているんだとか。

さて車内入ってからは、目的地もすでにアプリ経由で入力済みでしたのでスムーズにスタート。経路としては東京医科歯科大学周辺をぐるっと回りあとは神田川に沿いを進み、外苑を抜け、表参道からの明治通りで渋谷でした。

さて乗車中に様々な話をせっかくなので聞いてみました。普段タクシー利用しないのでその辺の話も聞きました。なかなか現場の声を聞くこともないので新鮮でした。一部紹介しようと思います。

①自転車結構危ない

近年特に若い女性に関して酷いと言っていました。確かに自分も自転車を走らせていると、時折逆走するリーマンに出会います。交通ルールの徹底をさせるのはなかなか大変ですが、何かしらの教習というのは社会人にも必要なのかもしれません。煽り運転も時折受けるようですが一番怖いのはこれなんだとか。

②バリアフリータクシーやっぱり面倒

ちょうど今日のニュースでも取り上げていたバリアフリータクシー問題。運転手としては助手席に乗せた後、車いすだけ後ろに乗せるというほうがよっぽど楽なんだそうです。ニュースを見ていても手順が多く20分以上かかるというのを見ているとそういうのに頷けます。どうやらメーカーも把握しているようで今後改善されるそうですが果たして…?

そんなこんなで話を聞いているうちにあっという間に渋谷へ到着。ちらっと見たメーターではトータルで3000~4000円くらいかかっていた模様。一人で乗るにはやっぱりちょっとためらう金額です。まるまる全部日清が払うというわけではないと思いますが、メーター取ってるということはいくらかかるんだろう…考えただけで恐ろしくなります。
ちなみに23区内までなら移動自由なのでその気になれば羽田まで行けちゃう。結構便利。

流石に帰りは使えませんでしたが面白い体験ができました。12/31までやっているそうなのでよければ一度試してみてはいかがでしょうか。新しい発見がきっとあなたを待っています。

※タクシー運転手さん、当企画を実施してくれた各方面の企業さんありがとうございました。この場で簡単ながら御礼申し上げます。

降りる際にティッシュとともに貰いました
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*